「コーチングってどんな話をするの?」実況解説 kiitok キャリア相談体験レポート

(4/4)面談後のメッセージ

kiitokでは面談終了後にメンターから相談者にメッセージが送られます。

前田

前田

Ownershipは強く、比較的なんでもやりますというのは強みである一方で、体系だった知識やエンジニアの汎用スキルの深掘りが弱いと思います。

特定の会社で成果を出すのは一定までは経験則で可能だと思いますし、実際成果も出されていると思いますが、いざ転職をするとなると自己流のやり方の評価は難しいので、体系だった知識やスキルを身に着けていることが望まれます。ここは伸びしろだと思いました。

領域で言えば、 マネジメントスキル(読書は一つの回答です)、Computer Science(i.e leet codeとかやるとよいかもしれません)、System Designなどです。

また、0=>1がすき、かつそこに対して強みがある(ジェネラリストはそういうところがあります)にもかかわらずそれを一番評価してくれる環境(Startup)への転職をリスクを過剰評価して検討されてないのがもったいないと思いました。

今後の方針ですが、汎用スキルを身につける努力をすること。せっかくなので転職活動をすること。その際には比較的小さいstartupもふくめて一定数の会社を受けることをおすすめします。

その他の記事